Into the Cup ~コーヒーで素敵なライフを~

カップの中のコーヒーと共に、素敵なライフを。

ファミマ「キリマンジャロ」

ファミマコーヒーシリーズはこれで一先ず休憩です!

今回は「キリマンジャロ」。

 

キリマンジャロってよく聞くけど、どんなコーヒーなの⁇

コーヒーのCMやキャッチフレーズとかで「キリマンジャロ」とアピールしているコーヒーはたくさんありますね!

耳にしたことあるという人も多いはず。

皆さんはキリマンジャロがどんなコーヒーなのか知っていますか?

キリマンジャロとは、アフリカ大陸にあるキリマンジャロ山の麓で栽培されたコーヒー豆なんです。

麓の栽培地がタンザニアという国に広がっているので、別名タンザニアコーヒーとも言われているんです。

 

ファミマコレクション ドリップコーヒー「キリマンジャロ

f:id:yusuke--k:20190216174456j:image

緑のパッケージが印象的なファミマコレクションのキリマンジャロ

最近はレギュラーソリュブルコーヒーばかり飲んでいたので、久しぶりのドリップコーヒーにちょっとテンションが上がってました。

1袋76円(税込)と、値段も安過ぎってくらい安いです!

f:id:yusuke--k:20190216174521j:image

 この商品はタンザニアキリマンジャロの最高等級豆「AA」を100%使用しております。

タンザニアのコーヒー豆の等級は4段階に区別されています。

最も高品質とされるAAからA、B、Cという等級になっています。

つまり、このファミマのキリマンジャロは1番等級の高い豆が使用されているわけですね!

AAという等級はコーヒー豆1粒のサイズが6.75mm以上という決まりがあります。

これを1杯100円以下で飲めるわけですからかなりお得感がありますね。

そして、問題は味と香りです。

 

シンプルに「飲みやすい!」

f:id:yusuke--k:20190216174538j:image

深みのある味わいとすっきりとした酸味が特徴のドリップコーヒーです。

とありますが、実際のところ酸味はそれほど感じられなかったというのが正直な感想。

 

酸味と苦味というのがコーヒーの味を決定づける主な要素です。

このキリマンジャロでいうと、そんな「味」のことよりも、とにかく舌触りが滑らかで飲みやすいというのが特徴だと思います!

スッと口の中に入り、スッと喉を通りすぎる感覚!

酸味と苦味に関してですが、酸味についてはほぼありません。

「え!苦味なんてあった?」

という感じです!

代わりに苦味が鋭いなぁーという印象がありました。

甘いスイーツを食べた後のお口直しに向いてるコーヒーかなと思います。

 

まとめ

商品名 キリマンジャロ
価格 71円(税込76円)
生豆原産国 タンザニア
内容量 8グラム
製造者 ネスレ日本株式会社
特徴 酸味:☆☆☆☆☆
苦み:★★★★☆
飲みやすさ:★★★★★

 

 

おすすめレビュー

yusuke-k.hatenablog.jp

yusuke-k.hatenablog.jp

ネスカフェ「プレジデント」

今回のレビューはネスカフェのレギュラーソリュブルコーヒー「プレジデント」。

見た目も高級感のあるデザインです!

早速ご紹介します!

 

結構なロングセラー商品だった「プレジデント」

f:id:yusuke--k:20190211175530j:image

多くのスーパーでも販売されているプレジデントは、私も知りませんでしたが、実は1980年から発売されている商品だったのです。

かなりのロングセラー商品!

発売当初から高級路線の商品だったんですね。

個人的には、ボトルの深緑色と金色のデザインがいかにも高級感があるなと、結構お気に入りです!

製法も、通常のインスタントコーヒーとは違い、本物の豆を挽いたような味と香りを出せるような製法にしています。

 

インスタントよりも本格的?レギュラーソリュブルコーヒーって?

f:id:yusuke--k:20190211174503j:image

「レギュラーソリュブルコーヒー」って聞いたことありますか?

表示にはレギュラーソリュブルコーヒーと書かれています。

インスタントコーヒーは抽出液を乾燥させて粉末にしますが、レギュラーソリュブルコーヒーは抽出液に微粉砕したコーヒー豆の粉を混ぜてから乾燥させたものなのです。

なので、レギュラーソリュブルコーヒーの方が本物の豆から挽いたようなコーヒーに仕上がります。

その証拠として、飲み終えたカップの底に、粉が残るんですよ!

f:id:yusuke--k:20190211182856j:image

 

レギュラーコーヒーにより近い香りと味わい

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーを飲み比べてみると分かるのですが、やはりこの2つは味はもちろんのこと、香りも違います。

インスタントコーヒーにはそれ特有の香りがありますね。

レギュラーコーヒーには豆本来の味と香りと、それぞれの豆の特徴を感じらることができます。

そしてこのレギュラーソリュブルコーヒーは本物の豆を混ぜているせいか、インスタントを思わせながら、レギュラーコーヒーにより近いものになっています。

ラベルには

淹れたての豊かな香りとみずみずしい味わい。

とあります。

確かに、香りを嗅ぐとそれが実感できますね。

口に含むと、苦味と酸味が伝わってきますが、豆から挽いたレギュラーコーヒーの感覚がありました。

インスタントコーヒーは好きじゃないという人でも、これなら飲めるのではないでしょうか?

 

手間暇かけずに挽きたてコーヒーを飲んでいる気分

レギュラーコーヒーだと、道具を準備をしてドリップやらプラスやらで手間と時間がかかります。

それもコーヒーを楽しむ要素の1つであるのは間違いないのですが、朝の出勤前にどうしても1杯飲みたいという時など、手間暇かけずに飲みたい時もありますよね。

そうゆうタイミングに、淹れ方はインスタントコーヒーとは変わらず、味や香りはレギュラーコーヒー、というようなコーヒーを飲めるのは、レギュラーソリュブルコーヒーだけです。

例え僅かな時間でも至福の気分を味わえます。

 

まとめ

商品名 ネスカフェ プレジデント
価格 1049円
生豆原産国 記載なし
内容量 65グラム
製造者 ネスレ日本株式会社
特徴 酸味:★★★☆☆
苦み:★★★★☆
飲みやすさ:★★★☆☆ 

 

 

こちらもレビュー

yusuke-k.hatenablog.jp

yusuke-k.hatenablog.jp