Into the Cup

カップの中のコーヒーと共に、素敵なライフを。

「DOGWOOD 調布」で検定課題を落としてきた

ボルダリングに「検定」があるのは知っていますか?

全てのボルダリングジムで受けられるわけではないので、受けたことがない人も多いようです。

東京都調布市にあるジム「DOGWOOD」はボルダリング検定の会場にもなるようなジムです。

検定後も1か月程度は検定で使用された課題が残されているとのことでしたので、今回は"擬似検定"という感じで、初めて検定課題に触れたことについてお伝えします。

f:id:yusuke--k:20181201173505j:image

 

さいしょに

まず最初に、私のボルダリング歴についてご紹介します。

これから検定課題を登ろうと考えてる人は、一つの目安や参考になれば幸いです。

 

  • ボルダリング歴・・・8か月
  • ジムに通う頻度・・・週1回、又は2週間に1回
  • 行きつけのジム・・・ノボロック渋谷、Twall新橋
  • 課題のグレード・・・ノボロック渋谷 → 4~3級、Twall新橋 → 5級
  • 岩場経験・・・有り(白州ボルダー1回、御岳ボルダー2回)
  • 得意なこと・・・リーチが活かせる課題
  • 苦手なこと・・・カチとピンチホールド
  • 身体データ・・・身長174㎝、体重64キロ、筋肉少なめ、身体の柔軟性硬め

 

いつもジムで登っているのは5〜4級なので、今回の擬似検定では"5級を落とす"という目標で挑みました。

 

ボルダリング検定とは?

f:id:yusuke--k:20181201174351j:image

ボルダリング検定とは日本ボルダリングジム連盟が行うもので、クライマーへの目標提示と、更なるモチベーションの向上を目標としたものです。

ボルダリングはグレードシステムによって、「〇段」又は「〇級」というように、課題のレベルを示します。

しかし、実際の岩場とジムでは共通の難易度で目標設定するのは難しく、これはジム同士でも言えることでもあります。

そこでボルダリングジム連盟は2016年にボルダリング検定準備委員会を設置して、検定を通じてグレードの標準化と共有を可能とさせ、クライミングの世界に新しい価値を提供し始めました。

その1つが「検定」です。

 

検定を行なっているジムと、その時期

f:id:yusuke--k:20181201173805j:image

検定を行うジムはボルダリングジム連盟に加盟しているジムということらしいです。

リサーチしてみたのですが、分かったことはこれくらいでした。

ジム連盟の加入には、「加盟」と「準加盟」に分類され、「加盟」とされているジムが検定会場となるようです。

そして開催時期は特に決まりはないようです。

したがって、開催場所や時期については、連盟が発表する情報を常にチェックしておくことが必要なようです。

 

検定のルール

f:id:yusuke--k:20181201145130j:image

f:id:yusuke--k:20181201145136j:image

(「ボルダリングジム連盟HP」より)

 

検定にはルールがあるようです。

細かなルールがいくつかあるようですが、簡略化すると60分以内に5課題中3完登すれば合格です。

今回は検定本番ではないので、それを想定してやってみました。

本番は60分なので、それを想定すると1つの課題3回トライずつの挑戦です。

 

結果

f:id:yusuke--k:20181201174330j:image

擬似検定の結果は、完登が2つだったので、私のグレードは残念ながら5級ではなくなりました。

これまでは自分は5か4級と思ってやってきたのですが、6級に降格です。

しかし、4登目には3課題目を落とすことができたので、準5級というところでしょうか(笑)。

 

検定課題と通常課題は何が違う?

f:id:yusuke--k:20181201173614j:image

検定課題を実際に登った感想は、どのグレードにおいても、難易度が均一になっているということです。

通常であれば、例えば3級でも難易度の高いものと低いものがあったりというように、一つのグレードの中でも差があることが多いですが、検定課題となると、その差がわずかなものとなり、かなり標準化されているように感じました。

よくあるパターンで、5級だけど4級のような課題、ということがありますが、それを感じるような課題もないので、自分のグレードを的確に把握することができます。

検定課題となると、誰かと競い合うということよりも、自分自身との向き合いに意を注ぐようになります。

自分で自分自身にプレッシャーをかけてしまう場面もありますし、ここぞというときに潜在的なパワーが出てきたりすることもありました。

検定課題を登るだけでも大きな成長に繋がります。

 

まとめ

f:id:yusuke--k:20181201173657j:image

今回は初めて検定課題というものに挑戦したことをお伝えしました。

ボルダリングをしていても、岩場には行かない人、一か所のジムにしか通っていない人、またはたくさんの行きつけのジムがある人、などなどいろいろな人がいると思います。

そして、これまでたくさんの課題と向き合ってきた中で、自分のレベルを正確に把握できなかったり、納得のいかない課題に出会ってきたと思います。

そんな経験があれば、果たして自分は何級なのか?と疑問を持ったこともあるはずです。

検定は受けなくとも、課題は検定後にも残されていることがありますので、ぜひ手をつけてみて、自分のレベルを再確認してみると、それからのモチベーションや目標もよくなるはずです。

 

「DOGWOOD 調布店」について

DOGWOODクライミングジム 調布店

〒182ー0025

東京都調布市多摩川1-26-3

 

【営業時間】

平日:13:00〜23:00

土日祝日:10:00〜21:00

 

【アクセス】

▶︎京王線

西調布駅」から徒歩8分

調布駅」から徒歩20分

▶︎京王相模原線

京王多摩川駅」から徒歩10分

▶︎JR南武線

矢野口駅」から徒歩20分

より詳しい情報はこちらから

▼「DOGWOOD」ホームページへ

http://dogwood-climbing.jp/chofu/