Into the Cup

カップの中のコーヒーと共に、素敵なライフを。

「コーヒーの味なんて全部同じ!」そう思ってる人に読んでほしい


コーヒーが好きという人はたくさんいます。

日本は世界でも上位に入るほどの消費国ですから、飲んでる人はかなりの数でしょう。

スーパーや量販店に行けばコーヒーはたくさん置いてありますね。

種類はたくさんありますが、
「味の違いがよく分からない」
という人や、
「コーヒーの味なんて全部同じ」
と思っている人も多いはず。

今回はそんな人に読んでほしい記事を書いてみました。

 

 

 

違いが分からない。全部同じ。と思ってしまうのには理由がある


コーヒーは好きだけれど、『こだわり』というのはなく、味の違いとかは分からない。

分からない故に、コーヒーの味の違いを知るのは難しい、というように判断してしまう人が多くいるようです。

正直なことを言うと、コーヒーの味の違いを知るのは、難しくないです。

ではなぜ分からない人が多いのでしょうか?

その原因は3つのあるのではないかと思います。

  1. そもそも飲んでいるのがレギュラーコーヒーではない。
  2. ブレンドコーヒーを飲んでいるから。
  3. 安いコーヒーを飲んでいるから。



それではこれら3つの理由について詳しく見ていきましょう。

 

 

➊ そもそも飲んでいるのがレギュラーコーヒーではない


普段あなたが飲んでいるのはどんなコーヒーですか?

レギュラーコーヒー?インスタントコーヒー?缶・ペットボトルコーヒー?

コーヒーの製品形態はいくつかありますが、コーヒー豆本来の特徴を捉えられるのは『レギュラーコーヒー』です。

豆を挽いて、ドリップなどで成分を抽出する方法がベストなのです。

他の製品形態だと、加工の段階でコーヒー豆が持つ味や風味の特徴がなくなってしまいます。

 

 

❷ ブレンドコーヒーを飲んでいるから


ブレンドコーヒーはその名の通り、いろいろな種類のコーヒーをミックスして製品にしたものです。

コーヒー豆専門店などの新鮮なコーヒー豆のブレンドだと、豆の特徴が生かされて美味しいコーヒーになりますが、一般的にスーパーなどで販売されているブレンドコーヒーだと、長い間保管され、劣化が進んだコーヒー豆がブレンドとして製品にされるケースが多いです。

豆は劣化すると、本来の風味や味が消えてしまい、劣化による嫌な苦味や雑味が増します。

その結果、異なる種類でも同じような味になってしまうのです。

劣化して同じような味になったコーヒー豆をブレンドしても、美味しさはあまり伝わってきませんよね。

 

 

❸ 安いコーヒーを飲んでいるから


先ほど述べたように、保管する時間が長いほどコーヒー豆は劣化していきます。

すると、販売価格も下がります。

売り手側としては、在庫は手元に置いておきたくないわけですから、安くても売りたいと思うわけですよね。

加えて、市場のメカニズムでもあるように、品質が劣れば価格も低いです。

したがって、安いコーヒー豆の鮮度はかなり落ちている可能性が "大" です。

鮮度が落ちるほど、味の違いは分からなくなります。

 

 

 

高いコーヒーを買えば世界は変わる!


だから高いコーヒーを買え!

と指図するのも無礼者みたいな感じですが、この記事を読んでいる皆さんにはぜひとも少々値段の高いコーヒー豆を買ってみてほしいのです。

しかもブレンドではなくストレートの豆で。

もちろん、インスタントではなく、レギュラーコーヒーですよ!

レギュラーコーヒーを飲みたいけど、道具がないという人は今すぐドリッパーとドリップペーパーを買ってください。

100均に売っていますので。

そして、近所にコーヒー豆専門店があれば、スーパーではなく、そちらへ足を運びましょう。

専門店ではその日の朝に焙煎した豆を販売しているというお店が多いです。

注文を受けてから焙煎してくれるお店だって少なくありません。

全体的に言えることは、スーパー等で製品化されているコーヒー豆よりも鮮度は良いと思います。

 

 

 

本当は味も香りも種類によって全く違うコーヒー豆


新鮮なコーヒーなら、口に入れなくても香りを嗅いだだけで違いが分かります。

フローラルのような香り、
チョコレートのような香り、
フルーティーな香り、
というように色々な香りをコーヒーは持っているのです。

それらを実感することなく、
コーヒーの味の違いが分からない!
とか、
難しい!
とか思ってしまうのは非常にもったいないです。

少しでもコーヒーが好きという気持ちを持っているなら、コーヒーの本来の味と風味というものを実感すべきです。

 

 

 

楽しくコーヒーの違いを知っていこう


いかがでしたでしょうか。

なるほど!と思った方は早速テイスティングにも挑戦してみてください。

そして、次回コーヒーを買うなら少々値段が高いもの、若しくは、ストレートのものを買ってみてください。

好きという気持ちに加えて、
「あ、ちょっと楽しいかも!」
という気持ちも芽生えれば、尚良し!

 

 

 

まとめ

 
☞ コーヒーの味の違いが分からないのは以下が理由。
  1. そもそも飲んでいるのはレギュラーコーヒーではない
  2. ブレンドコーヒーを飲んでいる
  3. 安いコーヒーを飲んでいる
 
☞ コーヒーが持つ本来の味や風味が知りたければ、
  1. 少々価格の高いコーヒーを買う
  2. ブレンドではなくストレートの豆を買う
  3. コーヒー豆専門店などで新鮮な豆を買う