Into the Cup

カップの中のコーヒーと共に、素敵なライフを。

ラテ、カプチーノ、モカ、カフェオレ 何が違うの?


カフェに行くと、どのお店にもあるメニューがカフェラテやカプチーノです。
ですが、その違いは皆さん知っていましたか?
使う材料は同じでも、プロセスは少し違うのです。

そこで今回は、カフェに行くなら知っておくべきメニューの違いについて、カフェラテやカプチーノだけではなく、他のメニューについても分かりやすく簡潔に書いてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。


 

エスプレッソ 

コーヒー豆を極細挽きでパウダー状にしてから、圧力をかけてコーヒーの成分を抽出するのがエスプレッソコーヒーです。
 
苦味が強いのでカフェインが多いと思われがちですが、実はドリップコーヒーよりもカフェインは少ないのです。
 
 

カフェラテ

エスプレッソが2、ミルクが8の割合で使われます。
 
ミルクはスチーマーをかけて、ミルクの液体と泡の混ざった状態のスチームミルクというものを使用します。
 
 
エスプレッソ:スチームミルク:フォームミルク=1:1:1という比率で作られるのがカプチーノです。
 
フォームミルクとは、ミルクにスチームをすることで、きめ細かい泡が入ったミルクのことです。
 
 

カフェオレ

カフェオレはエスプレッソではなく、ドリップしたコーヒーにミルクを加えたのもです。

ミルクはスチームやフォームではなく、普通の牛乳を使います。

実は、カフェオレの「オレ」とはフランス語で「牛乳」という意味なのです。

つまり直訳すると、カフェオレは「コーヒー牛乳」なのです。


カフェモカ

カフェモカエスプレッとスチームミルクに加えて、チョコレートシロップを入れて飲みます。
 
要するに、カフェラテにチョコレートシロップを加えるとカフェモカになります。