Into the Cup

カップの中のコーヒーと共に、素敵なライフを。

コーヒーを美味しく飲むポイントはこの3つ

今やコーヒーは多くの人たちに愛される飲み物となっています。

 
仕事でもプライベートでも、どの場面でもコーヒーの存在は欠かせません。
 
コーヒーにはレギュラーコーヒーとインスタントコーヒーがありますが、皆さんはどっちがお好きでしょうか?
 
今回はレギュラーコーヒーに焦点を当てて、美味しく飲むために押さえてほしいポイントを紹介します。
 
たった3つなので、是非覚えて実践してみましょう。
 
その前に…
 

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いは?

 「レギュラーコーヒー」はコーヒー豆を挽いて粉状にします。
 
そして、ドリッパーを用いて粉からコーヒーの成分を抽出します。
 
ペーパードリップネルドリップのような、ドリップコーヒーと呼ばれるスタイルがメジャーですね。

器具の値段も高いわけではなく、ドリッパーとフィルターさえあればだれでもコーヒーを入れることができます。

簡単ですので、初心者でも豆の特徴を味わいながら飲みたい方にはお勧めの方法です。

簡単ですが、奥が深いこともドリップの魅力なのです。
一方の「インスタントコーヒー」はカップにコーヒーを入れて、お湯を注ぐだけです。

器具一切必要としないスタイルなので、手間暇かけず、すぐに飲むことができます。

豆の特徴は感じながら飲みたい方にはあまりお勧めできないスタイルです。
 
 

お湯の温度

 素人によくありがちなのが、お湯を沸かしてすぐに抽出を始めてしまうことです。
 
コーヒーの成分を無駄なく抽出しようという心がけから、沸騰したてのお湯でドリップをしてしまうのです。
 
熱いお湯の方が、コーヒーの成分をより抽出できると思っている方は多いです。
 
しかし、これは間違いなのです。
 
コーヒーを入れる時の適切な温度とは、
 
高温・・・85度〜90度
低温・・・75度〜80度
 
と言われています。
 
コーヒーの抽出では、高温だと苦み成分がよく抽出され、低温だと酸味成分がよく抽出されます。
 
そして、沸騰したての高温で抽出すると、コーヒーが煮立って雑味成分となり不快な味わいになってしまいます。
 
逆に、低すぎると成分が抽出されません。

毎度毎度お湯の温度を測るというのは手間がかかりますので、目安としては、お湯が沸騰してから1~2分放置して、抽出すると良いです。
 
 

コーヒー豆の選ぶポイント

 市販で売られている商品で多いのが、「ブレンド」です。
 
その名の通り、ブレンドはいくつかのコーヒー豆を混ぜ、それぞれの豆の特徴を組み合わせてより美味しいコーヒーに仕上げたものです。
 
新鮮なコーヒー豆か使用され、新鮮なうちに飲むことができれば問題ありませんが、実際にスーパーなどに市販で売られている商品は、新鮮な豆が使用され、新鮮なうちに飲むことができるとは考えにくいものです。
 
売れ残りや長期間保管されている豆が使用され、品質が劣化していることが十分に考えられます。
 
コーヒー豆を選ぶポイントとしては、スーパーなどで豆を購入するときは、低価格商品ではなく、中間に位置する価格の商品を購入しましょう。
 
もしくは、ブレンド豆ではなく国の特徴が感じられるストレートの商品を購入しましょう。

ストレートの豆の方が自分好みのコーヒー豆がきっと見つかるはずです。
 
 

少し冷めてから飲む

先程の温度の内容にも近いですが、コーヒーは温度によって、味、香り、後味、舌触り等々が変わります。
 
特に沸騰したてのお湯で抽出すると、熱いということだけしか感じられず、味や香りは熱さに惑わされ、豆の特徴を感じることができません。

コーヒー豆を煮立てて雑味がでてしまうこともあります。
 
逆に、適温で淹れるとコーヒーが冷めていく度に甘みが増すようなコーヒー豆もあります。
 
温かいうちに飲みきってしまうのではなく、冷めていくことで味が変化するということを楽しみながら飲むことも、コーヒーを美味しく飲むことの秘訣なのです。
 
 

さいごに

いかがでしたでしょうか?
 
今回は、マニアックのコーヒー器具さえも使わずに、コーヒー初心者でも美味しく飲むポイントを紹介しました。
 
個人的には、お湯の温度は1番のポイントではないかと思っています。
 
一杯のコーヒーでも温度が下がりながら少しずつ飲んでいくと、その度にコーヒーの楽しさを実感することができます。
 
奥深きコーヒーの世界に一度足を踏み入れてみては?