Into the Cup

カップの中のコーヒーと共に、素敵なライフを。

ハワイのコーヒー「コナ」はなぜ人気なのか!?

「コナコーヒー」ってよく聞きませんか?

コナコーヒーはハワイで生産されているコーヒー豆です。

ハワイといえば、日本人には馴染みのある地域ですね。

休暇を過ごすひと、結婚式を挙げるひとをはじめ、たくさんの日本人がハワイに足を運んでいます。

そのせいもあって、ハワイというだけで魅力を感じてしまうこともありますね。

そんな地域で生産される上質なコーヒー豆「コナコーヒー」の魅力について触れていきます。

 

 

コナコーヒーの「コナ」とは?

 ハワイ州にはいくつかの島があり、その中の一番大きな島がハワイ島と呼ばれています。
 
そのハワイ島の西部に「コナ」と呼ばれる、ハワイの拠点となる地域があるのです。
 
コナコーヒーの由来はハワイの地名だったのです。
 
コナにはフアラライ山と呼ばれる山があり、その山の標高400メートル付近でコナコーヒーは栽培されているのです。
 
 

「世界3大コーヒー」に入るコナコーヒー

 コナコーヒーは「世界三大コーヒー」に入ります。
 
世界三大コーヒーとは
 
 コナコーヒーはハワイ州が行う厳しい評価とランク付けを通過しなければなりません。
 
また世界のコーヒー生産のうち、わずか1%以下という生産量なので、とても希少価値のあるコーヒーなのです。
 
コナコーヒーが重宝される理由として、コナの土地柄もあります。
 
コナが栽培されているフアラライ山は火山です。
 
その火山が作る土壌と標高、気温、雨量などがコーヒー栽培に最適な条件となっているのです。
 
 

歴史

 コーヒーがハワイに伝わったのは1825年とされています。
 
それまではタロイモや他の作物の栽培が盛んだったようです。
 
この年にオフア島の統治者がロンドン訪問の帰りにリオデジャネイロでコーヒーの木を入手し、それをハワイに持ち帰ったのです。
 
さらにその3年後の1828年には、キリスト教宣教師がコーヒーの木を持ち込んだことによって、コーヒー栽培がブームになっていったのです。
 
1840年にはグアテマラ産のコーヒーの木がハワイの気候や環境のおかげで、コナの地で栽培に大成功するのです。
 
このように、コナコーヒーは200年以上の歴史があるのです。
 
その歴史の中には日系移民たちの活躍もあり、現在のような重宝される存在になったのです。
 
 

上品な味と香りを持つコナコーヒー

 コナコーヒーはフルーティーな香りとほのかな酸味と甘みが特徴的です。
 
やみつきになる人もいるくらいです。
 
世界でも最高級な部類に入るコナコーヒーはコーヒー豆1粒の大きさ、1ポンドあたりの欠点豆の数、ハワイ州の評価によって等級が決められています。

  1. エクストラ・ファンシー
  2. ファンシー
  3. ナンバー1
  4. セレクト
  5. プライム
 
 コナコーヒーは100%純粋なものは少ないのです。
 
一般的に販売されているものは、他の豆にハワイコナの豆をブレンドしたものなのです。
 
希少価値の高い豆だけあって、入手も容易ではないようです。


さいごに

今回は、ハワイのコナコーヒーの魅力について書いてみました。

私個人的にも、コナコーヒーはよく聞きますが、世界三大コーヒーに入るレベルのコーヒーだとは思ってませんでした。

まだまだ知らないことがたくさんありますね。

コーヒーは、その豆が「どんな特徴なのか」を少しでも知ってから飲むと、非常に楽しさが倍増する飲み物です。

これを機に、「コナコーヒー」を飲んでみてくださいね。