Toast!!

Nature gives you the face you have at twenty; it is up to you to merit the face you have at fifty. (Coco Chanel)

寒暖差アレルギーって知ってるか?こんなにつらいんだぞ!

寒暖差アレルギーが辛すぎて辛すぎて辛すぎる。

 

ここのところ、気温が一変して寒くなった。涼しくなって過ごしやすくなったことは喜ばしいことだが、この私の鼻はお祭り騒ぎである。

 

 こんなにつらいんだぞ!

 

まず、朝の目覚めは鼻のムズムズから。もう少し寝ていたいと思うのだが、ムズムズは止むことなく、やがて鼻水が出始め、それと同時にクシャミの嵐が襲ってくる。こうして、1日の始まりを迎える。

 

とりあえず鼻をかもうとティッシュを手にする。かみ終えて何をしようか。朝ごはんを食べようかと準備にとりかかろうとしたとき、再び鼻はムズムズし始めくしゃみが出る。そして鼻の奥から鼻水がやってきて、再び鼻をかむ。

 

鼻のムズムズ → くしゃみをする → 鼻水が出る → 鼻をかむ → 鼻のムズムズ・・・・

 

サイクルとしては↑こんな感じ!

 

鼻をかんでも、ムズムズは止むことない。鼻水とクシャミは終始出続ける。

朝に治まることなく、その調子で大学に向かう。大学では研究したりTAをやったりと作業は結構あるが、その間もこのサイクルは回り続ける。

 

人の話なんて聞けたもんじゃないし、集中力なんて全然湧いてこない。ただただ、くしゃみと鼻水を垂らすまいと鼻をすすることに体力を奪われる。

 

結局この日は、丸一日中このサイクルがやむことはなかった。いつもならマスクをすれば少々治まるのだが、この日は違った。マスクをしても、くしゃみと鼻水は止まらなかった。マスクの下部が鼻水の滝で濡れていた。過去最高の鼻炎であった。

 

 

この日発見したことだが、

鼻水が出続けると、後の方はただの水になる!

 

通常の鼻水は透明で粘り気がある。ヌルヌルだ。それがたくさん出ると、どうしたことか、ヌルヌルはなくなりやがて水になるのだ。ヌルヌルの成分は出きってしまうのだろうか。

 

このヌルヌルがなくなると大変なのだ。鼻水を垂らしまいと、鼻をすすっても鼻水はヌルヌルさがないので上に上がらず、そのまま垂れ行く。鼻先から水滴のようにポトポトと落ちて行くのだ。

 

 

 正式名称は「血管運動性鼻炎」

 

正式名称は血管運動性鼻炎というらしい。どうやら鼻の粘膜の毛細血管の収縮・拡張の影響なのだ。私は寒暖差アレルギーと呼んでいる。

 

気温差の激しい季節は血管のこうした毛細血管の運動が原因となって鼻のムズムズは生じてくる。

寒暖差アレルギー持ちの人間は、

 

 ・朝起きた時

 ・出先から帰宅したとき

 ・気温差が激しいとき

 ・湿度が高い日

 

これらのときに非常にツラい!

緊張とリラックスのスイッチが切り替わるとき、自律神経が働くときだ。

 

 

 みんなもっとこの鼻炎の存在を知るべきだー!

 

けっして、この寒暖差アレルギーは風邪ではない。体調が良くてもくしゃみや鼻水が出るときも多々あるのだ。しかしながら、周囲の人たちは

 

 「体調悪いの?」

 「風邪ひいたの?」

 「寒いの?」

 

と聞いてくる。気遣ってくれるのはありがたい。すごくありがたい。こんな私の体調を気遣ってくれるなんて本当にありがたいのだ。

 

ただ、これまで1万回ぐらい言われてきたのだ。さすがにもう答えるのに疲れる!寒暖差アレルギーだと答えても「何だそれ?」で説明するのにも疲れる!

 

だから、みんな知るべきなのだ。この血管運動性鼻炎の存在を!寒暖差アレルギーの存在を。私たち血管運動性鼻炎族のストレス軽減のためにも!!!

 

いつの日か、くしゃみしてる人や鼻をかんでる人を見かけたら

 

「血管運動性鼻炎なの?」

 

と聞いてくる人が現れることを心より願う!

 

 

 薬は頼るのは好きではないんだけど、さすがに薬を買った…

 

f:id:yusuke--k:20171008164833j:image

 

ということでさすがに薬を購入した。

普段なら、体調が悪いときは食事で何とかするが、今回は食事でどうにかなる感じでもなく、ストレスも溜まって我慢の限界なので買ってしまった!

 

こんなに薬に感謝を覚えた日はない。数時間もすれば、その日の朝からの生活は夢のように、治まった。おかげで翌日も、体調良好!

 

鼻炎の薬は副作用で眠くなるものも多い。なので、夜に服用するには最適だ。最近寝るのも遅いからちょうどよい!

 

しかし、くしゃみと鼻すすりにはよっぽど体力を奪われていたのだろう。家に帰ると疲労感が半端ない。布団に入るとすぐに寝れた。快適な睡眠であった。