Toast!!

Nature gives you the face you have at twenty; it is up to you to merit the face you have at fifty. (Coco Chanel)

なるほど贈与税!

 目次

そもそも贈与ってなに?

贈与とは、生きている人(個人)から財産をもらう契約をすること。契約は書面でも口頭でもOK。そこに税金がかかり贈与税となる。課せられるのは財産を摂取した人。

◎書面の場合、撤回が出来ないが、書面ではない場合は撤回可能。どの場合でも履行してしまったら撤回はできない。

 

贈与タイプ

贈与の契約タイプは以下4つ

1.通常贈与・・・贈与する度に贈与契約

2.定期贈与・・・定期的に一定額を贈与

3.負担付贈与・・・贈与を受けた人に一定の義務を負わせる

4.死因贈与・・・贈与する人の死亡による贈与

 

贈与税はどうやって決まる?

贈与税額 =(課税価格 ー 基礎控除額110万円)× 税率

という式で決まる。計算では以下の速算表を用いられるのが一般的。

No.4408 贈与税の計算と税率(暦年課税)|贈与税|国税庁

◎贈与税の基礎控除額は年間110万円

◎速算表では父母や祖父母など(直系尊属)から受け取った財産に関しては特例税率として計算する。特例税率の方が控除額が高めに設定されている。

財産の種類

財産とみなされるものは以下3つに当てはまるもの。

 

1.本来の贈与財産

預貯金、株式、土地、建物など、金銭的な価値があるもの。

 

2.みなし財産

実際には財産ではないが、財産としてみなされるもの。以下3つがみなし財産としてみなされる。

 ①生命保険金等・・・保険料負担者ではない人が受け取った保険金

 ②定額譲受・・・実際の値段よりも安く財産を受け取った場合の差額

 例えば、1,000万円の財産を600万円で受け取った場合、その差額である400万円がみなし贈与財産となる。

 ③債務免除・・・借金している人が、免除してもらったときの免除額

 

3.非課税財産

以下の財産は課税対象にならない。

 ・扶養者から受け取った金額。生活費のような必要とされる金額。

 ・祝い金、香典、見舞金のような社会的に認められるおカネ

 ・団体といった法人から受け取った財産(※所得税の対象になる)

 ・相続が始まった年に相続される人(被相続人)から受け取った財産

 

 

yusuke-k.hatenablog.jp

 

yusuke-k.hatenablog.jp