読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toast!!

Nature gives you the face you have at twenty; it is up to you to merit the face you have at fifty. (Coco Chanel)

私が厳選した4サイト、これであなたも一流バリスタ!

誰にでもできるおいしいコーヒーの淹れ方まとめ。

コーヒーを飲む人は多くいる。コーヒーの飲用スタイルも様々である。皆さんはどのスタイルで飲んでいるだろうか?コーヒーマイスターの視点から言わせてもらえば、ぜひともレギュラーコーヒー(粉から抽出するスタイル)で飲んでもらいたい。その理由は、「コーヒー本来の味・香り・その豆の特長を知れる」から!これに尽きる!

ということで、私が厳選したサイトを解説付きでまとめた。

GOIN[ゴーイン]

コーヒーはUCC上島珈琲

cotoha online

caffe CAGLIARI-

今回ピックアップしたのはこの4つ。一見するとやり方は同じであるが、細かい部分に目を配ると異なる解説をしているものもある。いろいろな解説を参考にして、自分の一番おいしいと思う淹れ方を知ってほしいと思う。

GOIN

GOIN[ゴーイン]

コーヒーのおいしさを引き立てるものの1つでまず「水」。コーヒーの淹れ方はもちろん、水の解説まで書いてある。コーヒーをおいしく飲むには、できれば市販のミネラルウォーターの使用を個人的にはお勧めしたいところだが、なかなかそこまで手間をかけることは容易ではないことがほとんど。水道水の使用は避けられないところだ。水道水についての知識を得ることも欠かせないので目を通してみることをおススメする。

f:id:yusuke--k:20160927144548p:plain

 

上島珈琲

コーヒーはUCC上島珈琲

1番メジャーなスタイルのペーパードリップはテロップ付きで動画で解説している。1番メジャーで簡単ではあるが奥が深いのがペーパードリップだ。初心者、中級者、上級者のレベルに合わせて解説。動画で解説しているので活字嫌いでも大丈夫。コーヒーの淹れ方には数種類の方法があるが各々に動画解説が付いているのでゼヒ1度見てみよう。

f:id:yusuke--k:20160927144259p:plain

 

cotoha online

cotoha online

レギュラーコーヒーでも手間なくお手軽に飲めるスタイルをご存じだろうか?カップオンスタイルと呼ばれるものだ。粉が適正量でセット済みで販売されており、カップに乗せてお湯を注ぐだけという新たなスタイル。お湯を注ぐだけなので簡単だと思われるが、実は奥が深いものでもある。お湯の温度、1度に注ぐお湯の量やタイミングといったことが奥深さを掻き立てるものとなっている。通常の手間のかかるタイプの解説はよく見かけるが、カップオンスタイルを専門に解説しているものは少ないのでこの機会に見てみてはいかがだろうか。

f:id:yusuke--k:20160927143648p:plain

CAGLIARI

カフェ・カリアーリ -caffe CAGLIARI-

とにかく容易に解説している。イラストも文章もシンプルなので初めてドリップコーヒーに挑戦する人に参考にしてもらいたい。他にもマキネッタ、フレンチプレス、エアロプレスのことも書いてあるので「なるほど」といった感想を持てるのではないだろうか。

f:id:yusuke--k:20160927143934p:plain

 

yusuke-k.hatenablog.jp