Into the Cup

カップの中のコーヒーと共に、素敵なライフを。

お家でレギュラーコーヒーを美味しく飲む方法はこの3つ!

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒー、おウチではどちらを飲んでいますか?

 

手間暇かけずに飲むという点では、インスタントコーヒーの方が、カップに粉とお湯を入れるだけなので、とても優れてはいますが、加工の段階でどうしても本来の味が失われてしまうのです。

 

コーヒー本来の味や香り引き出すことにおいては、レギュラーコーヒーの方が勝ります。

 

淹れ方によって味の調節もでき、自分の好みの味を知ることができます。

 

そこで、せっかくコーヒーが好きなら試してほしい3つをご提案します。

 

 

1、お湯の温度

コーヒーを入れる時のお湯の温度がで、酸味が強くなったり苦味が強くなったりします。

 

・温度が高いと苦味が強くなる。

・温度が低いと酸味が強くなる。

 

では、高い温度、低い温度とはどれくらいなのか?

 

一般的な目安となるお湯の温度は

 

高温・・・ 85℃ ~ 90℃

低音・・・ 75℃ ~ 80℃

 

90℃を越えてしまうと余分な成分まで抽出されとり、豆を煮だててしまうので注意が必要です。

 

雑味が生じたり、後味の悪い苦味が生じてしまいます。

 

逆に75℃以下の温度だと成分が豆から十分に抽出されないのでとても薄い味のコーヒーになってしまいます。

 

低温すぎてもおいしいコーヒーは抽出されません。

 

両方バランスの取れた味が好みなら、75℃~85℃の間で抽出を行うのがベスト。

 

加えて、酸味成分と苦味成分では抽出されるスピードも実は異なるのです。

 

酸味成分の方が速いスピードで豆から抽出されます。

 

そのため、一気に多くのお湯を淹れて抽出してしまうと酸味が強い味になります。

 

苦味のあるコーヒーが好みであれば、ゆっくりと時間をかけて抽出していきましょう。

 

 

2.豆で購入

レギュラーコーヒーは、豆か粉のどちらかで売っています。

 

ぜひ豆で買ってみよう。

 

この2つの違いは劣化具合です。

 

コーヒー豆は焙煎し終えた瞬間から劣化が始まらますが、豆が空気に触れている面積が大きいほど豆の劣化は早くなります。

 

粉と豆では、豆の方が空気に触れる表面積が小さいので、鮮度もよいのです。

 

コーヒーを豆で買うなら、それを挽くためのミルを準備しておきましょう。

 

大型スーパーではコーヒー売り場にグラインダーが設置してあることもありますので店もあるので是非利用してみてください。

 

レギュラーコーヒーは飲みたいけど、道具がないし、買う気もない。

 

それならば、『ドリップバッグ付きレギュラーコーヒー』というのも販売されているので、そちらも利用してみるとよいかもしれません。

 

これはお湯さえあれば美味しく飲めるスタイルなので、本当に便利だと思います。

 

 

3.少し冷めてから飲む

これはレギュラーコーヒーに限らず、インスタントコーヒーでも試してほしいことでもあります。

 

淹れたての熱い状態と、少し時間が経って冷めたコーヒーでは、味が変化します。

 

淹れたての熱い状態だと、味、香り、その豆固有の特長などが熱さに消されてしまうため、本来の豆が持つ特徴を感じることができません。

 

なので、熱い状態で飲むのはあまりおススメの飲み方とは言えないのです。

 

ある程度、コーヒーが冷めてから飲むと、味、風味、舌触り、香りなどを楽しみながら飲むことができます。

 

 

まとめ

レギュラーコーヒーの美味く飲むための3ポイント。

 

  1. お湯の温度
  2. 豆で購入
  3. 少し冷めてから飲む

 

少しの工夫で美味しく飲めるのがレギュラーコーヒーです。

 

せっかく飲むなら美味しく飲みたいですよね!

 

ぜひお試しあれ。