読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toast!!

Nature gives you the face you have at twenty; it is up to you to merit the face you have at fifty. (Coco Chanel)

表と裏の28兆円経済政策

経済

 政府が打ち出した経済政策。28兆円規模。しかし、政府は大規模と言いながら批判が続出している。

 その理由はこうだ。

「28兆円とか言いながら実際は4兆円の政策じゃねーか!!」

ということ。これが本当なら、話を盛るのもほどほどにしてほしいレベルだ。

www.nikkei.com

 しかし残念ながら本当らしい。この28兆円の中身は、

となっているようだ。うち、政府支出というものが経済対策のメインとなる額である。この額が6兆円。地方を含むと7.5兆円らしい。

 更にまだある。6兆円のうち2兆円が来年度の予算から出されるということなのですぐに使えるお金は4兆円となる。結果、今回の経済対策は28兆円の大規模な対策とか言っておきながら、実際は4兆円のめちゃくちゃ小規模政策となる。

 今回のこの28兆円というのは事業規模を指すのだが、どれほどのものなのか?過去2,3年の公表された経済政策の金額を見ると

  • 2013年1月  予算規模10,2兆円  事業規模20.2兆円
  • 2013年12月  予算規模   5,5兆円  事業規模18.6兆円
  • 2014年12月  予算規模   3,1兆円  事業規模  3.5兆円

なので事業規模28兆円はかなり大きぼと言える。表面上は。これがわずか4兆円となると、「は?」といういう感じだ。思わず2度聞きしたくなる。そして、この4兆円で「働き方改革」「インフラ投資」「中小企業対策」「第4次産業活性」に取り組むことができるのであろうか?疑問と不安しか残らない。

 差額の24兆円は果たしてどこへ行くのやら。名目上は「民間企業支出」となっているが。

 ウラ金に使おうが何に使おうがなんでもよい。結果的にそれが経済発展につながれば。と私は考えるが。

 

↓無料メルマガ配信中!!よろしくっす!! yusuke

メルマガ購読・解除